1. トップ >>
  2. 講師について

講師について
About Teachers

採用へのこだわり

「誰に教わるか?」が基礎形成と成長速度に大きく影響します

当スクールの採用条件は20項目以上になります。そこまで厳しくする理由は"生徒さんの英語修得の可能性を妨げない"ためです。幼少期の性格形成で"三つ子の魂百まで"といわれるように、英語の言語形成の過程もほとんど変わりはありません。特異なアクセント・スラング表現・偏った知識が生徒さんへ与える影響を減らし、しっかりとした"国際人"になっていただくために、教師の質は落とせないと私たちは考えています。

─── 学歴ではなく、語学歴
      バイリンガルを条件にすることにより、多言語を習得する難しさを講師自身が経験しています。
      その国の文化や国民性といった背景知識を考慮したレッスンにより、生徒さんの立場にたった
      良質な指導が可能です。文法・イディオムの質と量も大きく変わってきます。

─── "やさしい"より"適切"なコミュニケーション
      個々に性格の違う生徒さんとのコミュニケーションには"やさしい雰囲気"だけでは足りません。
      試験対策にはある程度のストイックさも求められ、生徒さんのモチベーションを維持する為
      生活環境やライフスタイルにも着目した"適切なコミュニケーション能力"が講師にも必要です。

REEDOの採用基準

厳しい条件をクリアしたプロフェッショナル

「日本での滞在が長い」「英語が話せる」だけではREEDOの講師にはなれません。講師経験と語学能力の採用基準以外にも性格や管理能力も講師として適切かどうかを判断し採用しています。個性豊かで幅広く教養をもつ講師とのレッスンで、生徒さんのヤル気と可能性をひきだします。

Recruit Conditions

講師はコチラ